【トリログ】#7 What is Major??? メジャーってなに!?



はじめまして、トリコンのRikuです!


今回は、アメリカ留学を考えた時によく目にする”Major” について書いてみたいと思います。

Majorとは、日本で言うところの”専攻”ですね。もっと簡単に言えば、大学で何を勉強しているのか、どんな学位の取得を目指しているのか、ということを一言で表したものです。


日本、アメリカにかかわらず、大学生として自己紹介をする際は、ほぼ必ず登場する単語ですよね。


ちなみに、英語で自分の専攻について話す際は


"My major is~~~"


"I am majoring in ~~~ at UC Berkeley."


"I have not decided yet, my intended major is~~~"


などのパターンがあります。


ちなみにどうやってMajorを決めるのか?それは後ほど説明しますね!




日本とアメリカの大学システムにおいて、一番と言っても過言ではない大きな違い、それがこのMajorに関するシステムなのです!!


日本ではほぼ、すべての大学で入学試験を受ける時点で専攻を決めている必要があります。


無事に入学を果たしたら、その後の変更(転部)は難しいと聞きます。(これは各大学によってちがうと思います。)




ですが、アメリカでは、二年生の後半になるまで、Majorを決める必要はありません!


自分の勉強したい分野を決めるための時間が豊富にあるということですね。これは大きな違いです。


私も日本の高校を卒業していますが、高校在学中の段階で、「大学でこれを学びたい!!!」という分野をひとつにしぼりきることはできませんでした。


もちろん、決まっている人は、それで何の問題もありません。


また、メジャーを決めたとしても、そのあと、興味が変わらないという絶対的な保証はありません。

多くのひとが、ここで悩むと思います。


日本で高校生のうちにできることといえば、先輩に話を聞いたり、Googleで検索してみたり、そういったことに限られるのではないでしょうか?


アメリカの大学では、1-2年生のうちに一般教養を学び、実際に幅広い分野の授業を受けてみて、最終的に自分のMajorを決める。


つまり、実際に大学で授業を受けて、そこから興味をある分野を選べるということなのです。


実際に受けてみると、より身近に学問を感じることが出来ますし、イメージとのギャップも最小限にすることができます。


アメリカ式でMajorを決めるほうが、より自分の興味のある学問を正しく選ぶことができると思いませんか?

それではまた次回のトリコンブログでお会いしましょう!


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【トリログ】#27 デアンザカレッジに行こう!

皆さん、こんにちは。ミキです! 高校を卒業して、これから留学に来る学生は語学学校選びやコミカレ選びに悩みますよね?やはり自分の将来の為に、出来るだけいい学校を選びたい!でもどの留学エージェントに行っても勧められるのは提携校のコミカレや語学学校ばかり… そこで実際にコミカレを経て、四年制大学に進学した私が通った米カリフォルニアのクパチーノという小さな町にある『デアンザカレッジ』について今日は話してい

【トリログ】#26 留学中での現地の友達の作り方 Part 2

こんにちは!トリコンのMikiです。 今回は留学中での現地の友達の作り方パート2になります! 前回の記事をまだご覧になっていない方はアクセスしてみてください! それではレッツゴー。 パート1では笑顔の威力はすごい!ってことについて話していきましたが、 今回はその続き、笑顔を見せた後のお話です。 御察しのいい皆さんならもうお分かりですよね? そう挨拶です。 あ・い・さ・つ 本当に当たり前のように知ら