【トリログ】#20 *新入生必見* バークレーの天候と洋服選び



こんにちは。暁舟(あかね)です。


新入生の皆さん、バークレーの生徒って何を着ているか気になりませんか?

バークレーは元々、60年代のヒッピー文化の発祥地であり、政治や社会に興味を持つ人が多く集まる都市であります。なので、ヒッピー風の洋服や、ナチュラルな暮らしを好む方や、多くのカフェや居心地の良いカフェやレストランも多く見られます。


また、UCバークレーもリベラルな校風で有名で、生徒や先生も好きな服を着て授業に臨みます。


例えば、民族衣装やロックスターのような格好の先生もいれば、モデル並みのお洒落な服を着てくる生徒います。多様性を認める校風なので、誰もがバークレーの校風に溶け込むができますが、今回は皆さんが気になる、バークレーの天候や地形にピッタリの服装や雑貨を紹介しようと思います。



まず、バークレーの気候を紹介しようと思います。バークレーはサンフランシスコの東側のNorth Californiaに位置し、四季があります。


また、乾期と雨期に分かれていて、夏は毎日晴天が続き、11月頃から3月まで雨期があり、大雨や霰が降ることも。町の東側には学校の研究所もあるBerkeley Hillsと呼ばれる丘があり、バークレーは温暖な地中海性気候に当てはまります。


また、夏はBerkeley Hillsのおかげで、内陸の熱い空気を防ぎ涼しく、冬も0度以下にはならいので、日本よりも快適に過ごすことができます。サンフランシスコは太平洋の寒流の影響があり、霧の町と呼ばれますが、バークレーは比較的に暖かいと言われています。



新入生の皆さんにまず準備して欲しいのが、靴です。UCバークレーはなだらか丘に位置するので、上がり下りの坂が多いので、スニーカーや履き心地の良い靴が必須になります。


人気なスニーカーとしてはNike, Vans, Converse, Adidasがよく見られます。


サンダルはBirkenstockがもっぱら履かれ、ブーツはDr. Martensが人気です。


服装はカジュアルなパーカー(Hoodie)を一年中着る生徒が多く、校章が入っているBerkeleyパーカーやPatagonia, The North Faceを着る生徒も多いです。


夏も、朝夜は結構冷えるので、パーカーやセーターは必需品です。冬はPatagoniaとThe North Faceの薄めのダウンジャケットがあれば乗り越えられるので、一着持っておくと役立ちます。


ジーンズやヨガパンツを好む生徒も多く見られ、LululemonやNikeなどのブランドが人気になります。



また、雨期があるので、防水機能が付くリュックや長靴を持っておくと、便利かもしれません。Huntersの長靴やDr.Martensのブーツは冬に必須のシューズアイテムになります。



いかがでしたか?


日本の大学生に比べ、着心地や機能性を重視するアイテムを選ぶ学生が多いです。アメリカの学生の平日は課題やテストで忙しいので、日本の学生よりもシンプルな服を選ぶ傾向にあると言われています。しかし、バークレーではかなりユニークな服装やお洒落をする生徒も多いので、気を張らずに自分が好きな格好をして全然大丈夫ですよ!(笑)

それでは次回のトリログをお楽しみに!!

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【トリログ】#27 デアンザカレッジに行こう!

皆さん、こんにちは。ミキです! 高校を卒業して、これから留学に来る学生は語学学校選びやコミカレ選びに悩みますよね?やはり自分の将来の為に、出来るだけいい学校を選びたい!でもどの留学エージェントに行っても勧められるのは提携校のコミカレや語学学校ばかり… そこで実際にコミカレを経て、四年制大学に進学した私が通った米カリフォルニアのクパチーノという小さな町にある『デアンザカレッジ』について今日は話してい

【トリログ】#26 留学中での現地の友達の作り方 Part 2

こんにちは!トリコンのMikiです。 今回は留学中での現地の友達の作り方パート2になります! 前回の記事をまだご覧になっていない方はアクセスしてみてください! それではレッツゴー。 パート1では笑顔の威力はすごい!ってことについて話していきましたが、 今回はその続き、笑顔を見せた後のお話です。 御察しのいい皆さんならもうお分かりですよね? そう挨拶です。 あ・い・さ・つ 本当に当たり前のように知ら